房総エステートに日々寄せられる数々の相談の一例をご紹介いたします。一人で悩まずまず相談!悩んでいるのは貴方だけでは有りません。

古屋を解体せずに現状のまま当社にて買い取り

君津市S様からのご相談

ご両親が亡くなり、築38年の建物を相続なさったS様から、物件売却のご相談をお受けいたしました。S様は建物を解体し、更地にしてから売却することをお考えでいらっしゃり、解体業者へ見積もりも依頼しておりました。更地にした方が売りやすいのではないかとお考えの方も多いですが、解体費用を先行投資しても、地域によっては土地需要が無い場合もあり、解体費用が回収出来ないリスクがあります。当社ではS様に対し、"建物解体費を先行投資することのリスク"と建物がまだリフォーム可能であることを十分にご説明し、現状の状態で買い取らせていただくこととなりました。

解体費を先行投資して更地にしても地域によっては土地需要が無い地域があります。
建物がどんなに古くても結構です。
自身でご判断なさらずに、是非一度査定させて下さい。

お住み替えの為、現在のご自宅に居住中のまま当社にて買い取り

木更津市F様からのご相談

F様は築10年の物件にお住まいでしたが、新たに気に入った土地を見つけられ、お住み替えをご計画されておりました。お住み換えの場合、原則として2本目の住宅ローンは組めませんので、当社買い取りによって現在の住宅ローンを完済し、次のお住み替え物件の住宅ローンを組むことになりました。F様の場合には、住宅ローン残債が少なく、当社買い取り金額が大幅に住宅ローン残債を上回ったので、土地購入資金にまで充てることが出来ました。また、お住み替え先物件の完成まで約6ヶ月を要すことから、居住中のまま買い取りさせて頂き、物件お引き渡しを6ヶ月先にすることで、F様の仮住まいのご負担も軽減することが出来ました。

意外と良くあるケースです。
お住み替えを成功させるには、当社のサービスが不可欠になる場合があります。
当社では買い取り後、最長1年間居住可能!遠慮無くご相談下さい。

当社の買い取りで毎月の住宅ローンの負担から解放されたケース

千葉市T様からのご相談

T様は君津市内にお住まいのご両親のことを気遣い、当社にご相談にお見えになりました。ご両親は70歳台であり、約17年前に組んだ住宅ローンの返済に悩まされており、 月々13万円+年2回のボーナス払いを、貯蓄とお二人の年金から支払っている状況でした。T様はご両親に老後を豊かに過ごして欲しいという思いから、速やかに当社買い取りによる住宅ローンの完済を望まれておりました。査定の結果、当社買い取り額が住宅ローン残債を約100万円程上回っておりました為即日に契約を行い、後日無事決済となりました。ご両親は近隣の5万円の貸家へご入居され、住宅ローンの負担から解放されましたとT様共々お喜び頂きました。以外と良くあるケースです。お住み替えを成功させるには、当社のサービスが不可欠になる場合があります。当社では買い取り後、最長1年間居住可能!遠慮無くご相談下さい。

バブル期前後に住宅を購入した方では高い金利によるローン返済にお困りの方も多いのが現状です。
持家であることが人生の全てではありません。ご自宅を手放すことは恥ずかしいことでもありません。
返済が厳しいと感じたら自宅を売却し、住宅ローンから解放されることが豊かな人生を送る為に必要になる場合もあります。

お住み替えの為、不要になった物件を速やかに仲介で成約

君津市O様からのご相談

O様は船橋市内に二世帯住宅を建築中であり、ご相談頂いた時点で2ヶ月後には完成、お引っ越し予定であるとのことでした。O様の場合には資金的な問題はありませんでしたので、市場価格で仲介することとなり、専任媒介契約を締結させて頂きました。しかし、2ヶ月後のお引っ越し時までに売却が完了することがO様の理想であり、お引っ越し後に契約、決済の手続きで君津に出向く手間を考えれば当然と言えました。当社では早期売却を実現する為、インターネット、折り込みチラシ、既存顧客への紹介等、出来る限りの販売活動を行った結果、販売活動開始後2週間で買主様を見つけることが出来ました。O様の場合は建物内外のコンディションが非常に良く、お掃除も行き届いていた為、値引き交渉も一切無く成約に至りました。

ホームページから不動産売却のご依頼を頂いた場合には成約時の仲介手数料を
成約価格×2.5%+消費税とさせて頂いております。
通常は成約価格の3%+6万円+消費税が仲介手数料となります。
当社では、ホームページを"売りたい方と買いたい方の情報交換の場"と位置づけています。多数の営業スタッフや無駄な営業経費を削減することで
お客様に利益を還元したいと考えております。

売るに売れないオーバーローン状態からの売却

木更津市N様からのご相談

N様はリストラにより転職を余儀なくされ、収入も住宅ローン借り入れ時の5年前よりも大幅に減っておりました。故に新築で購入したマンションの住宅ローン返済に困窮し、当社に相談のご依頼がありました。ヒアリングと物件査定の結果、"査定額が住宅ローン残債を1,000万円以上下回る"という結果でした。 つまり売りたくても売れない状態であり、売るためには抵当権を抹消する為に1000万円以上の返済資金を充当しなければならない状態でした。当社ではN様とも協議を重ね、N様の再出発と今後の安定した生活の為、銀行へ同行して支払いが困難であるとの意思表示をし、任意売却で解決する方法を選択しました。数ヶ月後、保証会社へ債権が移管された後、無事任意売却によって査定額にて売買が成約。残債の約1,000万円については、毎月15,000円の支払いで保証会社と話がまとまりました。

住宅ローン残債が査定額を上回る、オーバーローン状態はどなたにも起こりえます。
住宅ローンの支払い遅延が続けば競売となってしまい、
取り返しのつかない自体を招きかねません。
当社では積極的に任意売却を進めております。
是非、専門スタッフのいる当社にお早めにご相談頂くことをお勧めいたします。

このページのトップへ